CAI

【投資実践】2020年9月下旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約600万円分の投資を行いました。

CAI

タイトル通り、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約600万円分の投資を行いました。取得株価は26.83ドルで2,200株の取得となりました。 スポンサーリンク //

【投資実践】2020年7月下旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)を350万円分売却しました。

CAI

タイトル通りシーエーアイ・インターナショナル(CAI)を17.64ドルで1,905株売却しました。コロナの影響が今後どう株価に影響するかよく考えていったんほかの銘柄に資金を移しつつ、再度投資するタイミングを探りたいと思います。 スポンサーリンク //

【投資実践】2020年6月中旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約130万円分の投資を行いました。

CAI

前日から数パーセント下落したため、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約130万円分の投資を行いました。取得株価は17.49ドルで700株の取得となりました。 スポンサーリンク //

【投資実践】2020年6月上旬、CAI、SOXLを計200万円分購入しました。

タイトル通りCAI、SOXLを計200万円分購入しました。CAI 買い20.12ドル 250株(6/3)SOXL 買い 200ドル 35株(6/6)CAI 買い22.65ドル 310株(6/6) スポンサーリンク //

【投資実践】2020年4月中旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約50万円分の投資を行いました。

CAI

昨日に続き、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約50万円分の投資を行いました。取得株価は15.45ドルで315株の取得となりました。 スポンサーリンク //

【投資実践】2020年4月中旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約110万円分の投資を行いました。

CAI

タイトル通り、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約110万円分の投資を行いました。取得株価は15.02ドルで670株の取得となりました。 スポンサーリンク //

【投資実践】2020年4月上旬、フィアット・クライスラー(FCAU)を売却、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)を購入しました。

珍しくフィアット・クライスラー(FCAU)が前日から大幅プラス、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)が同大幅マイナスとなっていたので勉強も兼ねて銘柄交換を試してみました。 4/7FCAU635株を7.75ドルで売却CAI340株を14.44ドルで購入4/17 CAIが前日比で15…

【投資実践】2019年12月下旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)を約70万円分売却しました。

CAI

以下の記事で書いたシーエーアイ・インターナショナル(CAI)ですが購入単価より22%ほど上昇したので28.95ドルで一部を売却しました。約1,200ドルの利益となり、売却資金はiシェアーズ MSCI ロシア ETF(ERUS)の購入に充てました。 スポンサーリンク //

【投資実践】2019年10月下旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約60万円分の投資を行いました。

CAI

タイトル通り、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約60万円分の投資を行いました。取得株価は23.64ドルで235株の取得となりました。 スポンサーリンク //

【投資実践】2019年7月中旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約100万円分の投資を行いました。

CAI

タイトル通り、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約100万円分の投資を行いました。取得株価は23.75ドルで380株の取得となりました。 スポンサーリンク //

【投資実践】2019年2月下旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約50万円分の投資を行いました。

CAI

タイトル通り、決算内容が悪く暴落中のシーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約50万円分の投資を行いました。取得株価は23.13ドルで 200株の取得となりました。 スポンサーリンク //

【資産状況まとめ】2018年4Qの投資状況:730万円

さて今回も資産状況を確認します。 今回は836万円と過去最高を記録した前期から▲136万円の730万円と大幅に減少してしまいました。前回集計する際に約100万円分の支払いを考慮するのを忘れていたことと、諸事情により約130万円分の大きな出費があったことが大…

投資を検討している株一覧-ver2.1 2018年11月時点

前回まではブランド力がありそうで買いたい銘柄をピックアップ、後は割安と思われるまで待つという戦略を取るために気になった銘柄をピックアップしていましたが、足元米国株は総じて割高、今は不人気な隠れ優良銘柄を仕込んでおとなしく耐える時期という認…