若い人ほど年収を上げる努力を忘れずに。

勉強のために投資関係のブログを読む中で、少し気になることがあったので記事にしてみました。それがタイトルにも書いた“年収を上げる”ことの重要性です。
 
投資を推奨するブログでは
年収よりも支出を除いた余剰資金をどれだけ効率的に投資に回せるかが大事
ということを少し強調しすぎなのではないかと感じたのです。
 
確かに年収が常に一定、もしくは単純に年功序列で少しずつ上昇していくという仮定に立てば、考えるべきは支出を抑えて余剰資金を投資に回すことだけです。
 
しかし、私たちは資本主義の国、日本で生活しているので、努力次第で年収を上げることが出来ます。
 
私自身の他ブログからの引用で恐縮ですが、私はこのことをこんな表現で表しています。
 
30歳で年収500万円の人がこつこつ貯めた貯金1,000万円を誇ったところで、30歳で貯金0円・年収2,000万円の医師や弁護士が少し節約を意識すれば1年で追いつかれ、その後は永遠に抜けない差が広がる一方

 私の友人たちを見ても20代後半にして確定申告が必要なほど稼いでいる友人は一切投資をしていないそうですが、マンションを現金で買えるほどの貯金があるようです。

 
年収500~600万円程度のサラリーマンがここ数年間、年に200万円貯金して、S&P500に投資していたとしても現在の資産は彼の1/4にも満たないでしょう。
 
株式は複利で増えていくのは事実ですので若い頃から投資を始めることは非常に重要ですが、期待利回りはせいぜい数%ということを考えると、30代前半くらいまでは銘柄選択よりも転職や資格取得など年収を上げる努力にもっと力を注ぐべきだと思います。 

スポンサーリンク