非常時に投資家は何をするべきか 北朝鮮ミサイルの太平洋着弾を受けて

こんな日ですらどの会社もいつも通り業務を開始しており日本らしいなと感じておりますが、本日早朝北朝鮮が発射したミサイルが日本上空を通過し、太平洋に着弾しました。

地政学的リスクがまた一段と高まったとして、市場は円高、日経平均安に振れているようです。2016年はBrexitやトランプ大統領の勝利など世界で少レベルの非常時が2回起こりましたが、2017年に入ってからは初めての“非常時になりえるイベント”ではないでしょうか。

こうした突発的な事件、事故、イベントが発生した場合、以下の3点を確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

 

・ドル円相場の確認

長い間デフレが続き不況から抜け出せない日本ですが依然として世界最大の対外債権国であり、原則として有事には円高となります。今日も思ったほどではありませんが円高に振れていますね。

円高は
 ・日本株投資家にとっては狙っていた輸出関連銘柄購入のチャンス
 ・米国株投資家にとってはドル買いのチャンス
となりますので為替がどこまで動くのかは誰にとっても要チェックです。

・狙っていた銘柄の価格を確認

上でも書いたように特定の領域に多大な影響を与える事件、イベントでは狙っていた銘柄が割安に購入できる可能性があります。
・北朝鮮ミサイル発射に伴う円高による米国株の割安な購入
・ロンドンでのテロに伴う英国株の割安な購入
などですね。

特に大型優良株はなかなか値下がりしませんから非常時に多めに購入できると良いですね。


・保有資産の評価額の確認

上記2点と違って急ぐ必要はありませんが、念のため保有資産がどの程度下落したのか確認することをお勧めします。

円高は
 ・日本株投資家にとっては保有資産の下落
 ・米国株投資家にとってはドル安による保有資産の下落
という形でいずれにせよ保有資産の評価額が減少している可能性が高いからです。

もし▲5~10%程度の下落で動揺しているようであれば、リーマンショックのような本格的な非常時にパニックになってしまう可能性がありますから、自分が精神的にどの程度の下落まで耐えられるのか確認する必要があるのです。

ちなみに、非常時が購入のチャンスだからといって必ずしも新規購入をしないといけないわけではありません。

あのウォーレン・バフェット氏の名言に「投資に見逃し三振はない」という言葉があります。

もしかしたら投資チャンスか、でもいまいち自信がない…

そういう微妙な時に何も行動できなかったとしても(個人投資家は)誰からも責められることはないということです。

これは投資を職業にしていて情報量も、かけている時間も、資金も圧倒的な機関投資家に比べて個人投資家が唯一有利な部分です。

彼らと違って私たちは四半期ごと、年ごとに必ずプラスの記録を残さないといけないわけではありません。

市場全体がバブル気味で何に投資すべきなのか分からない。。

そんな時は想定投資額より少なめの額を市場全体に投資して後は放置でokです。

スポンサーリンク