不動産市場はまさにバブル、あとはバブル崩壊を待つだけ

先日身の毛もよだつ恐ろしい話を聞きました。

学生時代の友人が今年始めに不動産投資を始め、35年ローンをフルに活用して区分マンションを二部屋購入したというのです。

スポンサーリンク

 

今のところ2部屋とも埋まっており毎月の収支は±0だが、ローンを払い終わる35年後に年金代わりになれば良いなとのこと。

懸命な皆さんはすぐに思いつくようにこの投資には以下のように信じられないほど多くのデメリットがあります。

・金利2%で借りているので借入金額が5,000万円だとしても金利分だけで約2千万円かかる…
・自宅用住居ではないので、住宅ローン減税は使えない
・新しいライバル物件は増える一方なので、家賃の下落圧力は著しく、埋まったとしても今後月々の収支がマイナスになる可能性大
・35年間ずっと入居者がいることはありえず、途中で収入が0になる期間がある
・ある程度期間が経つと、修繕費用が発生する
・築35年のマンションに入居したい人はほとんどいない&現在も貸物件は増えているので35年後入居者が入るか相当不透明
・途中でリーマン・ショックのような事件が起きると、家賃が急落or0、不要に思って売ろうと思うも売れないみたいな事態に陥る

ああ、書いていて絶望的な気分になってきました。

本題はタイトルにも書いた通り、もともと投資には興味のなかったマジョリティが投資し始めたら終わりの始まりというまさにウォール街の靴磨きの少年の話を聞いてしまったので、不動産投資は止めておきましょうということなのですが、何と言っても当事者が友人なので客観的ではいられません。

なぜ購入に至ったのか理解に苦しみますが、どう考えてもペイする気がしないのです。

お節介とは思いつつ、今すぐ売却するように今夜電話してみますかね。。

スポンサーリンク