基本的な考え方~資産形成を真剣に考える~

6.2 β各論:割高な時期を避ける方法 S&P 500の市場平均PERと長期米国債の利回りを比較してみる。

出典:Dave Center 前回の記事では今すぐ投資を始めるべきと書きましたが、もちろん今すぐリスク資産を限界まで投資すべき時期と慎重に少しずつ投資すべき時期が存在します。それはどのように見分けるのでしょうか。 ところで、皆さんは国家と企業のどちらか…

6.1 β総論:今すぐ投資を始めるべき理由

出典:Dave Center これまでの記事を読んでくれた方は現金ではなくて株を保有しなければいけないことを理解したことと思います。ではいつから投資を始めるべきなのか。今は米国株も史上最高値付近だから投資を控えて株価が下落してから始めるべきでしょうか…

5.1 α・α’総論:50歳以下なら余剰資産は全て株で投資すべき

出典:thenails いざ投資を始めようと決意したときに気になるのが“どの程度の資産を株式に投資するべきか”という問題ではないでしょうか。 つまり、最初の記事で紹介した α:安全資産に振り分ける比率 α’:リスク資産に振り分ける比率 を9対1にするのか、5対…

4.4 D各論:投資を行う際に気をつけるべきポイント

出典:Jonathan Gross 一発逆転の大儲けを狙わないこと、シンプルですが非常に重要なポイントです。株式の長期的な利回りはだいたい5~6%、非常に上手く投資してもせいぜい10%程度に収束し、これだけで大金持ちになれる手段ではありません。 今は日本株・…

4.3 D各論:具体的にどの銘柄を購入するべきか

出典:OTA Photos さて今回は具体的に購入するべき銘柄を3つリストアップしてみました。 ・SPDR S&P500 ETF(1557)・バークシャー・ハサウェイ(BRK-B)・SPDR S&P500 ETF(1557)以上の3つです。 まず初心者の方に一番おすすめなのがSPDR S&P500 ETF(1557)という…

4.2 D各論:株式投資では保有株数を意識したい

出典:OTA Photos 株式投資は短期的な値上がり益よりも配当再投資により複利で保有株数が増えていくことが一番重要です。 言葉で説明するよりも以下のグラフで説明したほうが分かりやすいでしょう。 縦軸は株価、横軸は経過時間です。 ・毎年毎年株価が倍に…

4.1 D総論:リスクを取って資産を増やしたいなら株式しかない

出典:Mike MacKenzie 毎年きちんと貯金をしていれば現金で資産を保有していても良いじゃないか。そういう風に考える人も多いでしょう。なぜ現金による預金ではだめなのか。 それは現金の価値はインフレによって簡単に毀損されるからです。 日銀が気が狂った…

3.1 C総論:浪費ではなく投資にお金を使う

出典:401(K) 2012 となりの億万長者という書籍をご存じでしょうか。 この書籍の中で“億万長者の特徴を3つの言葉で表せば倹約、倹約、倹約である”というフレーズが出てきます。多くの人にとって使っても使っても減らないほどお金を稼ぐのは非現実的ですから…

2.1 B総論:年々増加する税金・その他を削減する

出典:401(K) 2012前回の記事で説明した収入を努力によって上げれば上げるほど、税金・その他の項目への支払い比率が高くなり、最終的には稼ぐのが馬鹿らしいという状態になります。 Bに含まれる項目は毎月会社から渡される給与明細で確認することが出来ます…

1.1 A総論:何はともあれまずは収入の増加

出典:alonis10~30代の人にありがちな失敗が多少の節約とハイリスクハイリターンの投資で資産を築こうとすることです。

0.資産はどのように形成されていくのか。

出典:401(K) 2012シリーズ物の記事として資産形成の基本的な考え方をまとめてみようと思います。まず、資産が作られていく過程を出来る限り簡単な式に落とし込むと以下のようになります。 資産=1年間に積み立てる安全資産×積立年数+1年間に積み立てるリスク…