【投資実践】11月24日に9633:東京テアトルを購入、同日中に売却しました。

遊びのようなものですが、久しぶりに個別株を取引しましたのでご報告。

「この世界の片隅に」が名作らしいという噂を聞いて前日に買い注文をしておいて朝に190円で約定、その後順調に上昇したので午後一に225円で売却しました。

f:id:fura-fura:20161129004109p:plain


これだけ思惑通り株価が動いて単純に勝ったのは初めてかもしれません。

今年はシンゴジラ、君の名は。など邦画のヒット作が多いこと、米国の株価も連日最高値を更新していることなどが原因でしょうか

なお、今回は偶然にも勝つことが出来ましたが、たまたまその時知っただけのテーマ株を買っただけですので、長期投資のルールに抵触する“失敗”の取引でした。今後は買いたい株を見つけてもぐっと我慢し、暴落時に備えたいものです。

スポンサーリンク

 

基本的な考え方について-ver1.1 2016年12月時点

リーマン・ショック級の下落はいつくるのか予想も出来ませんので、いざ起きたときでも落ち着いて行動できるように投資スタイルを明示しておきます。

私の資産は以下のように構成されています。

スポンサーリンク

 

最低限の貯蓄
まず、すぐにでも引き出せる銀行の普通預金です。
私は独身で、実家も都内、リストラや大病にあってもとりあえず実家に帰れば食うには困らないという環境にありますので、約3ヵ月分の生活費と標準よりかなり少なめの貯蓄額になっています。専業主婦の奥さんや子供がいる方、実家と疎遠になっている方などは1〜2年分の生活費があると安心かと思います。基本的にこの貯蓄は取り崩さず、増額もしません。

確定拠出年金
額自体は少ないですが、税控除を受けることでリターンがプラスとなりやすい確定拠出年金が第2の資産です。毎月2.3万円をEXE-i 先進国株式ファンドとEXE-i 新興国株式ファンドに投資しています。

NISA口座で投資
譲渡益や配当が毎年120万円まで非課税になるNISA口座での投資が第3の資産です。第2次世界大戦後の米国の圧倒的な経済優位性は薄れましたが、世界で最も投資家からの要求が厳しく、またそれに応え続けている米国企業を信頼しており毎月10万円相当をSMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープンに投資しています。

円貯金(暴落時に米国株へ)
上で述べた投資をしても余った分はここに貯金し、株式がリーマン・ショック級に暴落したタイミングで米国株に投資し、高騰したら円に戻します。

その他
国民年金、厚生年金に加え、若干の生前贈与による貯蓄もありますが、これらはいつ無くなってもおかしくないので、とりあえず気にしていません。

スポンサーリンク