【投資実践】2019年7月中旬、シグナ(CI)に約85万円分の投資を行いました。

タイトル通り、シグナ(CI)に約100万円分の投資を行いました。取得株価は178ドルで45株の取得となりました。 

なお、ティッカーシンボルはシーエーアイ・インターナショナル(CAI)と似ていますが、関連性はありません。

f:id:fura-fura:20190713000835p:plain
スポンサーリンク

 

【投資実践】2019年7月中旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約100万円分の投資を行いました。

タイトル通り、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約100万円分の投資を行いました。取得株価は23.75ドルで380株の取得となりました。

f:id:fura-fura:20190712234756p:plain

スポンサーリンク

 

【投資実践】2019年7月中旬、スリーエム(MMM)を約100万円分売却しました。

以下の記事で書いたスリーエム(MMM)ですが、長期保有する自信が喪失したので172.0ドルで全て売却しました。購入単価は164.2ドルだったので、4万円くらいのプラスで終了です。

売却したドルではシーエーアイ・インターナショナル(CAI)を購入する予定です。

スポンサーリンク

 

【投資実践】2019年7月中旬、リフト(LYFT)を約35万円分売却しました。

以下の記事で書いたリフト(LYFT)ですが、当初の目論見であるウーバー・テクノロジーズ(UBER)の上場時にも花が咲かなかったので60.8ドルで損切りしました。購入単価は85.3ドルだったので、わずか50万円強の投資で約15万円の損失です。

損切の遅れといい、個別株投資は難しいな、自分は下手だなとまたもや思い知りました。

なお、売却したドルではシーエーアイ・インターナショナル(CAI)を購入する予定です。

スポンサーリンク

 

【投資実践】2019年6月下旬、エルドラド・ゴールド(EGO)を約50万円分売却しました。

以下の記事で書いたエルドラド・ゴールド(EGO)ですが、プラスに回帰したので5.47ドルで全て売却しました。購入単価は4.91ドルだったので、6万円弱くらいのプラスで終了です。

最初から目標金額を決めずに購入したので何とも言えない中途半端な売買となってしまいました。本当に投資は難しいです。

なお、売却資金は7月上旬のボーナスと合わせて新規銘柄の購入に充てたいなと考えています。

スポンサーリンク

 

【資産状況まとめ】2019年2Qの投資状況

さて今回も資産状況を確認します。

f:id:fura-fura:20190620223549p:plain今回は前期から+19万円の757万円と前期から微増となりました。1Qは大きな出費を伴う旅行もしなかったのでもう少し上振れするかなと思っていたのですが、なかなか厳しいものです。(なお、2Q時点での理想の目標額は950万円でした。保有銘柄が急上昇しない限り当面追いつけそうにないですね。) 
それでも次の19年3Qには夏のボーナスもありますので+100万円の860万円を目標とします。

f:id:fura-fura:20190620220545p:plain

次に投資先の比率を見ると、資産に占める株式比率は約65%となりました。

f:id:fura-fura:20190620222036p:plain

ざっくり分けると、現金35%、米国株・ETF52%、個人型確定拠出年金13%(米国株・発展途上国株)というポートフォリオになります。1Q中に株価が低迷した3Mを購入できたように35%を占める現金は適宜株式購入資金に充てていく予定です。

前回の記事はこちら。

なお、資産はマネーフォワードというサービスで管理しています。有料サービスに申し込むと月額500円かかりますが、各種銀行・証券のデータを取り込んでくれて手動で確認するより圧倒的に楽なのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

f:id:fura-fura:20190620222354p:plain前回そのうち解約するかもしれませんと書いた楽天証券ですが、諸事情によりむしろNISA口座は楽天証券で運用することになりそうです。

f:id:fura-fura:20190620222615p:plain個別銘柄投資では新規銘柄として3Mを購入しました。今のところ底に近いところで購入できたようです。EGO、LYFTあたりはプラスに回帰したところで売却したいところですが、そううまくいくでしょうか。。

f:id:fura-fura:20190620222815p:plain一方、iDecoは特にすることもなく引き続き自動的に積み立ててくれているので非常に楽ですね。

次の四半期で何を買うべきか
G20、7月のFOMC、イギリス首相選挙と政治イベントが続きますが、こういったイベントが予想外の方向に帰着し相場が荒れたときに割安株もしくは有望銘柄を購入するといういつもどおりの行動を心がけていきたいと思います

スポンサーリンク