【投資実践】2019年2月下旬、シーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約50万円分の投資を行いました。

タイトル通り、決算内容が悪く暴落中のシーエーアイ・インターナショナル(CAI)に約50万円分の投資を行いました。取得株価は23.13ドルで 200株の取得となりました。

f:id:fura-fura:20190222000003p:plain

スポンサーリンク

 

【投資実践】2019年2月上旬、日本のバリュー株をすべて売却しました。

以下の記事で書いた日本のバリュー株ですが、565円と928円で購入した岡山製紙と東部ネットが充分上昇したのでそれぞれ681円、1,020円で売却しました。

12月の底で購入できたので悪くない取引でしたが、総資産に対して低過ぎる割合の取引だと手間ばかりかかるので今後は50万円単位で購入しようと思います。

なお、売却資金はフィアット・クライスラー(FCAU)の買い増しに充てる予定です。

スポンサーリンク

 

【投資実践】2018年12月下旬、日本のバリュー株に約15万円分の投資を行いました。

25日には前日の米国株につられて2万円割れとなった日経平均ですが、さすがに売られすぎと判断して26日の夜に割安そうでかつ資産規模の小さい
昭栄薬品
丸八ホールディングス
岡山製紙
藤田エンジニアリング
新潟放送
東部ネット
に買い注文を出し、岡山製紙と東部ネットが約定されました。株数は最低単位の100株、平均約定単価は565円と928円でした。

PERとPBRをかけ合わせたいわゆるグレアム係数もそれぞれ 3.4、2.7と非常に割安な銘柄ですので、しばらくは放置でも良いかなと考えています。

スポンサーリンク

 

【資産状況まとめ】2018年4Qの投資状況

さて今回も資産状況を確認します。

f:id:fura-fura:20181224150554p:plain

今回は836万円と過去最高を記録した前期から▲136万円の730万円と大幅に減少してしまいました。

前回集計する際に約100万円分の支払いを考慮するのを忘れていたことと、約130万円分の大きな出費があったことが大きいですね。また、足元では株価もだいぶ軟調になってきています。

そこで、次の19年1Qは毎月きちんと貯金することを考慮して、+40万円の770万円を目標とします。(以下で示す理想の目標額では875万円なのですが、さすがに厳しいですね)

f:id:fura-fura:20181224151805p:plain

次に投資先の比率を見ると、資産に占める株式比率は約38%となりました。イギリスのEU離脱がハードランディングする可能性が高いと判断し、現金比率を上げていましたがなぜかイギリスと関係なく株価が暴落しており結果として助かりました。

 

f:id:fura-fura:20181224162336p:plain

 ざっくり分けると、現金62%、米国株・ETF28%、個人型確定拠出年金10%(米国株・発展途上国株)というポートフォリオになります。

前回の記事はこちら。

なお、資産はマネーフォワードというサービスで管理しています。有料サービスに申し込むと月額500円かかりますが、各種銀行・証券のデータを取り込んでくれて手動で確認するより圧倒的に楽なのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

f:id:fura-fura:20180928192943p:plain

f:id:fura-fura:20181224153256p:plain

やたらと口座が増えていますが、いつの間にか現金が450万円相当もあるようです。2019年は波乱の年になりそうなので少しずつ投資に回していきたいものです。

f:id:fura-fura:20181224153434p:plain

ハイテク株などに比べればそうでもありませんが、どの保有銘柄もひどい下落率です。。

f:id:fura-fura:20181224153634p:plain

前回に比べると、NYダウの下落が目立ちます。

次の四半期で何を買うべきか
冒頭に書いたとおり、イギリスのEU離脱がハードランディングする可能性があると踏んでいるので、その際にはフィアット(FCAU)やCAIインターナショナル(CAI)を購入することになると思います。

スポンサーリンク

 

【投資実践】2018年12月中旬、エルドラド・ゴールド(EGO)に約75万円分の投資を行いました。

以下の記事に続き、エルドラド・ゴールド(EGO)に約75万円分の追加投資を行いました。取得株価は0.6774ドルで 10,000株の取得となりました。

スポンサーリンク

 

【投資実践】2018年12月中旬、エルドラド・ゴールド(EGO)に約35万円分の投資を行いました。

タイトル通り、エルドラド・ゴールド(EGO)に約35万円分の投資を行いました。取得株価は0.62ドルで 7,000株の取得となりました。

金掘削企業は利益が金価格次第という非常にギャンブル性の高い事業を行っているため、株価が上にも下にも振れやすく特に今年は株価は半分になるなど散々な一年となっています。

私自身いつもどおり小塚さんのブログ(以下、参照)を何回か読んだものの、CAIインターナショナル(CAI)やフィアット・クライスラー(FCAU)ほどの確信は持てていませんので、約35万円と非常に少額の保有となっています。

一般論として米国で金利が引き下げられれば上昇しやすい金価格は当面の間軟調かもしれませんが、いざ市場が暴落というときにFRBが利下げに動けばEGOも高騰する可能性がありますので少しだけ持っていくのはありかなと考えました。

CAIインターナショナル(CAI)やフィアット・クライスラー(FCAU)も積極的に購入していきたいのですが、
英国が来年3月29日に離脱するためには、年明け1月21日までに離脱案の議会承認が必要
出所:産経新聞 https://goo.gl/hQrcmB
とのことで購入は1月下旬になりそうです。

スポンサーリンク

 

【投資実践】2018年11月上旬、ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)を約50万円分購入しました。

以下の記事で分析したブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)を約50万円分購入しました。取得株価は36.88ドルで130株の取得となりました。
※なお、この日は最終的に36.51ドルまで下落し、約1.0%の下落となりました。。

スポンサーリンク