【配当】MOから配当が振り込まれました。

タイトル通り、MOから配当が振り込まれました。

f:id:fura-fura:20180412200458j:plain

1株あたり0.7ドルの配当で、70株保有していますので理論上、49ドル、税引き後配当額は35.27ドル、累計68.42ドルとなりました。取得コストは4,513ドルでしたので、累計配当で取得コストの1.5%を取り戻したことになります。

なお、従来は長期スパンで保有するつもりでしたが、 今、大量に買い付けたい銘柄があるため取得株価である64.47ドルまで戻したら、売却するかもしれません。f:id:fura-fura:20180412201049j:plain

スポンサーリンク

 

【資産状況まとめ】2018年1Qの投資状況

f:id:fura-fura:20180330214745j:plain

さて今回も資産状況を確認します。

今回は527万円だった前期から+33万円の560万円とやや弱気な目標を掲げていましたが、円高・株安の影響もあり、約540万円とまたもや目標に届きませんでした
 
ということで、今回も目標からの下振れとなりました。。

f:id:fura-fura:20180330231640j:plain

なお、次の18年2Qは多額の出費を予定していますので、+30万円の570万円を目標とします。

次に投資先の比率を見ると、資産に占める株式比率は約54%となりました。

f:id:fura-fura:20180330225848j:plain

ざっくり分けると、現金46%、米国株・ETF43%、個人型確定拠出年金11%(米国株・発展途上国株)というポートフォリオになります。

前回の記事はこちら。

なお、資産はマネーフォワードというサービスで管理しています。有料サービスに申し込むと月額500円かかりますが、各種銀行・証券のデータを取り込んでくれて手動で確認するより圧倒的に楽なのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

f:id:fura-fura:20180330221859j:plain

60万円分は万が一のときのための最低限の生活防衛資金、残りは消費・投資しても良い資金です。

f:id:fura-fura:20180330221952j:plain

昨年末時点では絶好調だった米国株ですが、年明け以降は一転。全ての保有株がマイナスとなっている他、昨日には近年を代表するAmazon株が1日で約4%下落するなど、しばらくは株価の乱高下が続きそうです。

f:id:fura-fura:20180330222122j:plain

引き続き、楽天から付与されたポイントでこつこつ楽天・全米株式インデックス・ファンドを購入しています。

f:id:fura-fura:20180330222241j:plain

なお、個人型確定拠出年金はようやく再開の手続きが終了し、毎月2.3万円ずつ支払われることになりました。こちらは運用成績も気にせずこつこつ続けていこうと思います。

現時点で保有している株価の購入タイミングは以下の通りです。

米国生活必需品セクターETF(VDC)

f:id:fura-fura:20180330223803j:plainアルトリアグループ(MO)

f:id:fura-fura:20180330223822j:plain

S&P500ETF(VOO)

f:id:fura-fura:20180330223846j:plain

ジョンソン & ジョンソン(JNJ)

f:id:fura-fura:20180330223911j:plain

全体的にひどい下落ですね汗

次の四半期で何を買うべきか

今目をつけている銘柄があり、第2四半期には珍しく集中的に買い付ける予定ですのでお楽しみに

スポンサーリンク

 

【配当】VDCから配当が振り込まれました。

タイトル通り、VDCから配当が振り込まれました。
1株あたり0.5357ドルの配当で、35株保有していますので理論上、18.75ドル、税引き後配当額は13.49ドル、累計59.02ドルとなりました。取得コストは4,513ドルでしたので、累計配当で取得コストの1.3%を取り戻したことになります。

f:id:fura-fura:20180326224925j:plain

JNJ同様、政策金利引き上げで売り込まれていますが、長期的な上昇を楽しみに当面は配当を享受することになりそうです
 

スポンサーリンク

 

【配当】JNJから配当が振り込まれました

タイトル通り、JNJから配当が振り込まれました。

f:id:fura-fura:20180326224615j:plain1株あたり0.84ドルの配当で、37株保有していますので理論上、31.08ドル、税引き後配当額は27.98ドル、累計27.98ドルとなりました。取得コストは5,272.5ドルでしたので、累計配当で取得コストの0.5%を取り戻したことになります。

取得後、株価が約10%下落するなど絶不調の当銘柄ですが、医療という今後も成長が期待できる鉄板銘柄の1つですので、末永いお付き合いになりそうです。

f:id:fura-fura:20180326224245j:plain

スポンサーリンク

 

投資を検討している株一覧-ver1.11 2018年2月時点

今後は金利上昇×景気は好調という不思議な組み合わせがしばらく続くと考えていますので、資本財セクターから軍需銘柄を追加しました。

スポンサーリンク

 

名称 買い時 備考
BP BP   一時削除
エクソンモービル XOM   一時削除
シェブロン CVX   一時削除
ロイヤルダッチジェル RDSB   一時削除
アルトリアグフープ MO 52週平均線  
P&G PG PER20倍以下  
フィリップモリス PM 52週平均線  
コカコーラ KO PER25倍以下  
ジョンソンエンドジョンソン JNJ 52週平均線  
マイクロソフト MSFT PER20倍以下  
ユニリーバ UL 40ドル付近   
ノバルティス NVS 70ドル以下  
AMEX AXP 金融危機時   
ムーディーズ MCO 金融危機時  
MSCI MSCI 金融危機時  
モーニングスター MORN 金融危機時  
ブロックロック BLK 金融危機時  
エクイニクス EQIX 52週平均線  
デジタル・リアルティ・トラスト DLR 52週平均線  
AT&T T 利回り6%  
バークシャー・ハサウェイ BRK-Aor BRK-B PBR1.2倍  
ボーイング BA PER20倍以下  
ロッキードマーチン LMT PER20倍以下  
ゼネラル・ダイナミクス GD PER20倍以下  
レイセオン RTN PER20倍以下  
ノースロップ・グラマン NOC PER20倍以下  
iシェアーズ・コア S&P 500 ETF IVV いつでも  
VanEck Vectors ETF Trust - VanEck Vectors Semiconductor ETF   52週平均線  
バンガード・米国生活必需品セクターETF 株高時

 

※赤字が保有銘柄、青字が新規追加銘柄

過去5年の株価推移

ボーイング

f:id:fura-fura:20180225160830j:plain

ロッキードマーチン

f:id:fura-fura:20180225160817j:plain

ゼネラル・ダイナミクス

f:id:fura-fura:20180225160802j:plain

レイセオン

f:id:fura-fura:20180225160724j:plain

ノースロップ・グラマン

f:id:fura-fura:20180225160743j:plain

スポンサーリンク

 

【資産状況まとめ】保有株をセクター別に分類してみました。

VDC、MO、VOO、JNJと少しずつ保有株が増えてきたので、自身の保有株状況を整理すべく、セクター別に分類してみました。

結果は以下の通りです。

f:id:fura-fura:20180224232712j:plain
総じて不況局面に強い生活必需品やヘルスケアセクターの比率が高い一方、ある程度利上げに強い工業株、素材株、消費循環株もしくはエネルギー関連株を全く保有していません。

悩ましいのは
・今から更に景気が上向くのか
もしくは
・これから景気後退に向かうのか
判断する必要があることです。

前者ならば工業株、素材株、消費循環株などを、後者であればエネルギー関連株を買う必要があります。

今回はこの判断根拠に
・以下の記事で示した米国10年国債金利と米国2年国債金利のギャップ


・セクター別パフォーマンス
を確認してみました。

スポンサーリンク

 

まず米国10年国債金利と米国2年国債金利のギャップは10年国債の利回りが上昇したことで、やや拡大しています。

f:id:fura-fura:20180224232926j:plain

また、セクター別パフォーマンスを確認すると、
1年

f:id:fura-fura:20180224233036j:plain3ヵ月

f:id:fura-fura:20180224233059j:plain1ヵ月

f:id:fura-fura:20180224233148j:plain

いずれの期間でもハイテク株や一般消費財株が強いようです。
出所:https://eresearch.fidelity.com/eresearch/markets_sectors/sectors/si_performance.jhtml?tab=siperformance

以上の結果から株価は割高だがまだ上昇余地はあると判断し、資本財関連株からノースロップ・グラマン(NOC)を購入することにしました。

f:id:fura-fura:20180224233738j:plain

とは言え購入資金はFOSLの売却代と日々2,000~3,000円をドル転している分だけですのでせいぜい2,000ドル程度に留まりそうです。

スポンサーリンク

 

【投資実践】フォッシル(FOSL)を売却しました。

以下の記事に書いたように昨年末に約6万円でFOSLを購入していましたが、この度最新決算が好調だったことから約16ドルまで急伸し、無事15.8ドルで売却することが出来ました。

f:id:fura-fura:20180224214934j:plain

私自身はまだまだ理解していませんが、悲観的になりすぎている銘柄を拾うバリュー株投資をしっかりと身につければ今後も良い取引ができそうです。

なお、売却して得た資金では以下の記事に書いた通り、資本財銘柄を購入することになりそうです。

スポンサーリンク